どのような時にFXキャリートレードを使うか

FXキャリートレードはどのような時に使うのか

どのようなときに使用するかキャリー・トレードはいつもできるものではない。以下、キャリー・トレード実行の時の重要なポイントを記す。

 

@適切な通貨ペアの選択
A流動性の確認
B為替ボラティリティーが低いこと
Cキャリー・トレードの投資期間の選択
D取引量

 

適切な通貨ペアの選択は、キャリ-・トレードで一番大切なポイントである。数多くの通貨ペアの中から、最適なものを選ぶことが重要である。為替の動向、すでに行われたキャリー・トレードの市場ポジションの残高推定などは、重要である。同種のキャリー・トレードがすでに大量に行われているときには、そのポジション解消の動きが予想され、スタートしても、結果として為替が好ましくない方向に進むリスクがある。

 

また、ボラティリティーが低下し、為替の動きが安定していることは重要な要素である。このボラティリティーでは、インプライド・ボラティリティーが目安となるだろう。これは、為替市場でのトレーダーが考える今後の為替の変動具合を表すもので、インプライド・ボラティリティーが大きいと為替の変動が大きい、逆に小さいと為替の変動は小さいだろうというものである

世界に台頭するクレジットリスク

世界ではいまクレジットリスクが蔓延している。国際基軸通貨の信用がくずれ、ユーロもギリシャ問題などで風邪をひいている。日本も莫大な借金をかかえ財政は破たん寸前である。FXはもとより、クレジットリスクが蔓延する日本国内で金融資産をどのようにに守るのかを考えてみる。